偏頭痛薬

2015-08-21

偏頭痛は、頭部の血管が何らかの原因で拡張した時に、血管の壁にある神経が引っ張られるなどの刺激を受けて、主に頭の片側に痛みが生じます。すなわち、頭の血管が過度に拡張することが原因と考えられています。

 

頭の血管では、ストレスなどがたまって神経伝達物質の1つであるセロトニンという物質が異常に増えます。増えたセロトニンが、太い血管を収縮させた後、次は過度に拡張します。この結果、腫れや炎症を起こして頭痛が起こるのです。

 

偏頭痛の症状について、以下に詳しく紹介します。

 

偏頭痛の前ぶれ症状は一体どんな様子ですか。一緒に見てみましょう。頭痛の発作が起こる数時間で、肩や首が凝り、眉間が思い、眠気を催します。片方の手足がしびれています。言葉も出てにくくなります。ちょっとふらついたら、意識障害が現れています。眺めると、視野の中央に、小さなみえない暗点があり、その周囲がギラギラ光っています。徐々に大きくなり、中央部から視覚が回復し、20分ほど意識が戻って気ます。これを頭痛の前ぶれ症状です。自分の前ぶれ症状として、どのようなものがあるかを知っておくことがとても大切になります。

 

それでは、偏頭痛を治すため、偏頭痛薬が登場します。いわゆる薬物療法です。その以外の治療法つまり物理療法、食事療法といった方法があります。最も効果なのは薬物療法です。一般的に利用する偏頭痛薬は「鎮痛薬」です。でも、この「鎮痛薬」は頭痛が起こっていない時に服用しています。あまり効果がないので、副作用が起こることもあります。ですから、鎮痛薬を利用するのはやめましょう。

 

偏頭痛をおさめるため、病院に行って医師の意見を聞き、偏頭痛かどうかを診断して、その後、偏頭痛薬を正しく利用して、少しずつ改善しましょう。